新しいPPPルールの問題点について

先ほど、SENATEを通過していよいよトランプ大統領がサインします。ルールが緩まったのは非常に良かったのですが、これによってプラスになる方と残念ながらマイナスになってしまう人もいらしゃると思います。。。この問題点について、少し今回はお話ししたいと思います。

一番問題なのは、お店が開いてないのに無理にお給料を出さないといけないというところだと思います。24週になったのはよいですが、もうすでに半分くらい使ってしまっていたら、実際にビジネスが始まるときに、もうPPPを使い終わってしまっていますよね?だったらビジネスが始まってからの8週間なり、24週間で、ビジネスが開いてない間は、従業員は雇用保険をもらって、本当に始まってからPPPでお給料をだすことにしてくれていたら、皆どんなに助かったことでしょう!

正直、今の段階では、PPPのFUNDを温存して、いったん従業員には雇用保険に戻ってもらうというチョイスがあるのかはわかりません。でも、もしもPPPをすべて使い終わってしまった後にまったく運転資金が残らないのであれば、今は従業員に雇用保険のほうへ戻ってもらいたいという経営者の立場は痛いほどわかります。。

政府も銀行もSBAもあの状況でアメリカ国民を急いで救わなければ!という気持ちで一生懸命やってくださいましたよね。PPPは通常通りに営業していた会社にとっては非常にいいシステムでしたが、ビジネスがクローズしていて、従業員が必要ないところには逆に益にならないシステムだったような気がします。残ったPPPを温存する決断は、それぞれの経営者の方にお任せいたしますが、どちらにしても一つでも多くの企業が救われるように祈るのみです。いったんPPPで支払った従業員にまた雇用保険に戻ってもらうチョイスがあるのかは、これはハワイ州にもよることだと思うので、きっとそれが決定するころには、

どんどん時間が経過してしまってるという。。。。本当に歯がゆいです。。。

閲覧数:82回0件のコメント

最新記事

すべて表示

そーらクレジットに関して簡単に要約します。 2022 年にクレジットが必要な場合は、2022 年にソーラー システムの設置を開始する必要があります。 連邦税額控除は、ソーラー パネルの設置費用の 30% であり、納税義務を軽減します。使い切れない場合は、2023 年まで繰り越して税金を相殺することができます。 ハワイ州の税額控除は 35% で最大 5000 ドル 太陽光発電システムは、主たる住居ま

Here is my summary for Solar tax credit Solar system installation has to be place in service in 2022 if you want credit in 2022 Federal tax credit is 30% of the cost of installing solar panels, which

突然ハワイ州から還付があった方は、このact 115だと思いますので、google翻訳してみましたので、ご覧ください。 1.Act 115 払い戻しとは何ですか? Act 115、Session Laws of Hawaii 2022 (Act 115) は、2022 年 12 月 31 日までに 2021 課税年度の個人所得税申告書を提出した各適格居住納税者に 1 回限りの憲法上の払い戻しを提供