PPPフレキシブルアクト

2020年6月3日、議会は、ドナルドトランプ大統領に署名のために、米国中小企業局(SBA)の給与チェック保護プログラム(PPP)を修正する法案が通過しました。大統領のサインはこれからですが、主にここでは変更になった部分を抜粋してお知らせいたします。


1.PPPが下りてから8週間でローンを使用するという条項が24週に変更になりました。これにより、ビジネスがまだ始まっていない場合でも時間的余裕が生まれます。これからPPPを申し込みされる方の場合は、その期間が12月31日にまで延長になります。ただしもうすでにほとんどの資金を使ってしまった企業は、8週間として選択することも可能です。そして、ローンの返却開始時期も12月31日からとなりました。

2.PPPはもともとローンの75%をお給料に、そして25%をその他費用に使用するとありました。今回はこれがお給料として60%、40%を残りとして使用することが可能になりました。これは特に、6月30日になってもビジネスを再開できない事業にとっては朗報です。

3.フルタイムの人数をもとに戻すことができなくても、正当な理由を提示できればローンの減額には影響しない幾つかの条件が加えられました。

4.PPPのローンでお給料を支払い、そのうちソーシャルセキュリティー税の半分の納税が遅れても、12月31日までペナルティが免除になります。

5.フルタイムの数と給与レベルをコロナ前に戻す期限は6月30日から12月31日になりました。

6.恩赦にならなかったローンの返済期限は2年から5年に延長になりました。



昨日、PPPの問題点について記載いたしました。いまビジネスが始まっていないにも関わらず、PPPを無理に出している方は一度、雇用保険事務所に連絡をいれて状況を説明し、

従業員に雇用保険にもどってもらう、もしくは、今行っている雇用保険事務所のレポートで

従業員に支払っている金額をゼロでレポートする、など何かしら手を打つのもいいかもしれません。今の段階では何の基準も示されておりませんし、ハワイの雇用保険のウェブサイトにてそのことを調べてみましたが、その記載はありませんでした。ですから、法改定により、8週間で無理やりに使うことをしなくて済んだのであれば、なんとかPPPを温存しておきたいところ。でもいろいろな指針が出るころには、8週間は終わってしまいます。

なので、できればご自身で、雇用保険事務所に連絡をしてみる、従業員にその旨を伝える、従業員の方も、続けて雇用保険がもらえるかどうか確認してもらうなどの処置をとり、できればPPPのローンを実際のオペレーションが始まるまでとっておくという作戦にでるのも

チョイスの一つだと思います。

92回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

PPP FORGIVENESS APPLICATION CPB version

For those who need to apply PPP Forgiveness through CPB, please see this and follow instruction. Please find email from CPB title Apply for PPP loan forgiveness. PPP forgiveness application must be do

もうそろそろPPPの恩赦まだの方はやってみましょう!

PPPの金額が15万㌦まで増やされたので、殆どの小規模のビジネスの方はF3508Sの簡単なほうのフォームを使うことができます。 3508Sの要な情報は ローンを受けた時にいた従業員の数 PPPのうちいくらをPAYROLLで使ったか。お給料として60%を使用するというルールは一緒です。 ローンの合計金額 法律に従ってPPPを使用したという宣誓書 第一回目のPPPの申請者は特に追加書類必要なし 第2回

飲食店活性化財政支援プログラム 5/3 スタート

もらえる金額は2019年と2020年の総収入から1回目、2回目のPPPを除いた差額を申請することができます。 詳しくは申請用紙をよくご覧ください。 下記、間違いやすい点をいくつか列挙いたします。 申請用紙 #7は、フランチャイズや、支店がない限りは NO #8は、上記の質問に従ってそのフランチャイズなどの規定で運営しているかということですからNO ご準備していただく書類ですが、申請用紙のほかにFO