2021年度寄付に関わる税金控除変更について

Happy Holidays!

クリスマスがすぐそこまできていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

今日は今年新たに設定された、寄付に係わる税金控除の情報をシェアします。

下記にGoogle翻訳ならびにIRSへのリンクを掲載いたしますので、ご一読ください。


簡単に要約いたしますと、


【個人のタックスリターン】

・これまではItemized Deductionを選択した場合においてのみ控除可能だった寄付金が、Standard Deductionを選択した場合においても控除可能となりました。

 ほとんどの方がStandard Deductionを選択されていますので、税金の控除額が増える可能性があります。

 Marrid filing jointly(夫婦合算申告)の方は$600まで、それ以外の方は$300まで控除の対象となります。

・また、Itemized Deductionを選択される方も、AGI(調整後総所得)の100%までの控除が認められるようになりました。

 ※別途手続きが必要になりますので必ずお問い合わせください。


【ビジネスのタックスリターン】

・課税所得の25%までの控除が認められる可能性があります。

・食料品の寄付も25%までの控除が認められる可能性があります。

 ※別途手続きが必要になりますので必ずお問い合わせください。


【注意事項】

・「寄付」は現金ならびに現金同等物(クレジットカードによる支払など)のほか、ボランティア活動にかかわる費用なども含まれます。

・控除の対象とするには、寄付をした団体からの証明が必要となりますので、必ずドネーション・レシートをもらってください。

・寄付先は、通常慈善団体(NPG,NGOなど)や宗教団体(教会など)があてはまります。寄付先が米国税法上、適合している団体かどうかは寄付先に必ずご確認ください。


上記の寄付控除は2021年12月31日までに行われたものが対象となります。

Tax Braketがギリギリのところで上がってしまう方は、税率を下げられる可能性もあります。

上記の特別控除が2022年もあるかどうかは未定ですので、寄付はお早めにご検討ください。


https://www.irs.gov/newsroom/expanded-tax-benefits-help-individuals-and-businesses-give-to-charity-during-2021-deductions-up-to-600-available-for-cash-donations-by-non-itemizers


Google翻訳より


ワシントン—本日、内国歳入庁は、税制上の優遇措置の拡大が、今年末までに個人と企業の両方が慈善団体に寄付するのにどのように役立つかを説明しました。


昨年12月に制定された2020年の納税者確実性および災害税救済法は、慈善団体に寄付する個人および企業を支援するためのいくつかの規定を提供しています。新しい法律は通常、2021年の終わりまで、コロナウイルス支援経済安全保障(CARES)法によって最初に制定された4つの一時的な税制改正にまで及びます。これらの変更の概要は次のとおりです。


項目化しない個人の控除。 600ドルまでの現金寄付が対象

通常、標準的な控除を受けることを選択した個人は、慈善寄付の控除を請求することはできません。法律は現在、これらの個人が特定の適格な慈善団体に行われた現金拠出に対して、2021年の連邦所得税申告書に対して限定的な控除を請求することを許可しています。現在、納税者の​​10人に9人近くが標準控除を受けており、現金拠出に対して限定的な控除を請求する資格を得る可能性があります。


個別の申告書を提出する既婚者を含むこれらの個人は、2021年に適格な慈善団体に行われた現金拠出に対して最大300ドルの控除を請求できます。共同申告書を提出する既婚者の最大控除額は600ドルに引き上げられます。


ほとんどの慈善団体への現金寄付が対象となります。ただし、支援組織への、またはドナーアドバイズドファンドの設立または維持のために行われた現金拠出は対象外です。過年度から繰り越された現金拠出は適格ではなく、ほとんどの民間財団への現金拠出および慈善残余信託へのほとんどの現金拠出も適格ではありません。一般に、ドナーアドバイズドファンドは、慈善団体によって維持されるファンドまたはアカウントであり、ドナーであるため、ドナーが寄付し、ファンドに保有されている金額を分配または投資する方法についてファンドにアドバイスすることができます。支援組織とは、他の免除組織、通常は他の公的慈善団体を支援することにより、その免除目的を実行する慈善団体です。資格のある組織の種類の詳細については、Publication 526、CharitableContributionsを参照してください。


現金による寄付には、小切手、クレジットカード、またはデビットカードによる寄付のほか、資格のある慈善団体への個人のボランティアサービスに関連して未払いの自己負担費用として個人が負担した金額が含まれます。現金拠出には、ボランティアサービス、有価証券、家庭用品、その他の資産の価値は含まれていません。


2021年にアイテム作成者が行った適格な現金拠出の100%制限

一定の制限を条件として、項目化した個人は通常、適格な慈善団体に対して行われた慈善寄付の控除を請求することができます。これらの制限は通常、調整総所得(AGI)の20%から60%の範囲であり、寄付の種類や慈善団体の種類によって異なります。たとえば、個人が適格な公的慈善団体に対して行う現金拠出は、通常、個人のAGIの60%に制限されています。超過拠出は最大5税年度まで繰り越される場合があります。


法律は現在、選挙で選ばれた個人が、2021年の暦年中に行われた適格な寄付に対して、AGIの100%までの上限の引き上げ(「個人の上限の引き上げ」)を適用することを許可しています。


非項目化者に対する新しい限定控除と同様に、ほとんどの慈善団体への現金寄付は適格ですが、支援組織への、またはドナーアドバイズドファンドの設立または維持のために行われた現金寄付は資格がありません。また、民間財団への現金拠出や慈善残余信託へのほとんどの現金拠出もありません


個人が特定の適格な現金拠出金を選択しない限り、通常のパーセンテージ制限が適用されます。個人の他の許可された慈善寄付の控除は、この選挙で許可された最大額を減らすことに注意してください。適格な個人は、2021フォーム1040またはフォーム1040-SRを使用して選挙を行う必要があります。


企業の制限が課税所得の25%に引き上げられました

法律は現在、C企業が2021年の暦年中に適格な慈善団体に行う現金の慈善寄付に対して課税所得の25%の引き上げ制限(企業制限の引き上げ)を適用することを許可しています。通常、最大許容控除額は企業の課税所得。


繰り返しになりますが、企業制限の引き上げは自動的には適用されません。 C法人は、拠出ごとに増額された企業制限を選択する必要があります。


特定の寄付された食品在庫について企業が控除できる金額の制限の引き上げ

既存の強化された控除の対象となる食品在庫を寄付する企業(病気、貧しい人々、乳児のケアのための寄付)は、控除限度の引き上げの対象となる場合があります。 2021年に行われた拠出については、これらの拠出控除の制限が15%から25%に引き上げられました。 C法人の場合、25%の制限は課税所得に基づいています。個人事業主、パートナーシップ、S法人などの他の事業の場合、制限は、寄付が行われたすべての取引または事業からの年間の総純収入に基づいています。食品品質基準やその他の要件と同様に、強化された控除を計算するための特別な方法が引き続き適用されます。


良い記録を残す

IRSは、慈善寄付控除を請求する納税者には特別な記録保持規則が適用されることを個人および企業に思い出させます。通常、これには、返品を提出する前に慈善団体から確認書を入手し、現金の寄付のためにキャンセルされた小切手またはクレジットカードの領収書を保持することが含まれます。財産の寄付については、追加の記録管理規則が適用され、フォーム8283の提出や、場合によっては適格な鑑定の取得が含まれる場合があります。


慈善団体への贈答品を立証するためのパーセンテージ制限の適用方法と記録管理規則の説明については、IRS.govで入手可能なPublication526を参照してください。


IRSはまた、雇用主が児童税額控除を受ける多くの従業員や個人に直接アクセスできるため、児童税