PPPに関するQ & A

PPPミーティングではQ&Aを行いましたが、残念ながら動画を途中できってしまったようで。。。皆さまから寄せられたよいQがすべて消えてしまいました。。。

そこで思い出す限り書いてみますね!

Q:Independet contractorの方の支払いはお給料の中にはいりますか?

A:申込時にはF1099の欄がありましたが、残念ながらコントラクターの人へのお支払いはお給料の中にははいりません。


Q:個人自営業でお給料はないのですがどのように証明したらよいですか?

A:自営業の方はスケジュールCのネット(総収入から経費を引いた金額)を52週で割ってそれを8週間分で申請していると思います。引けるのはもしofficeの家賃があればそれと

光熱費など、法人の方と同じように書類を集めてください。その他は2回にわけて自分あてに小切手をきって自分の個人口座に移したらよいと思います。


Q:8週間はいつから始まりますか?

A:銀行に入金されてからです。


Q:最初に申し込みをした銀行が対処が良くなかったので別の銀行に変え、新しく口座をあけました。お金はそこから使った方がいいですか?

A:どこから使うという規定はないと思いますが、レコードキーピングの意味でも新しく開けてPPPが入った口座からお給料関係の支払いはした方がよいでしょう。ただ、自動引き落とし設定している支払いも多いかと思いますが、なるべくPPPでカバーされるものはそこから出すとよいと思います。


Q:PPPのファンドをわけるため別の口座をつくることを勧められました。新しく口座を増やしたほうがいいですか?

A:私は特に必要はない思います。ただ、きちんとした記録を残しておくのは非常に大切です。8週間などあっという間に経ってしまいますから、どうぞ今からご準備をお願いします。

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

そーらクレジットに関して簡単に要約します。 2022 年にクレジットが必要な場合は、2022 年にソーラー システムの設置を開始する必要があります。 連邦税額控除は、ソーラー パネルの設置費用の 30% であり、納税義務を軽減します。使い切れない場合は、2023 年まで繰り越して税金を相殺することができます。 ハワイ州の税額控除は 35% で最大 5000 ドル 太陽光発電システムは、主たる住居ま

Here is my summary for Solar tax credit Solar system installation has to be place in service in 2022 if you want credit in 2022 Federal tax credit is 30% of the cost of installing solar panels, which

突然ハワイ州から還付があった方は、このact 115だと思いますので、google翻訳してみましたので、ご覧ください。 1.Act 115 払い戻しとは何ですか? Act 115、Session Laws of Hawaii 2022 (Act 115) は、2022 年 12 月 31 日までに 2021 課税年度の個人所得税申告書を提出した各適格居住納税者に 1 回限りの憲法上の払い戻しを提供