PPP の恩赦申請用紙 FORM 3508EZと3508S

PPP 3508EZはPPPローン5万㌦以上のビジネス用、FORM3508Sはそれ以下のビジネス用になっています。 3508EZが使えない方というのは、PPPローンを目的以外に使用していたり、PPPを60%以上お給料に使用しなかった、その他を適切に使用していない、または、お給料を理由なく25%以上カットしたり、フルタイムの数を理由なくコロナ前に戻していない場合の方はEZ FORMは使用することはできません。EZでは 25%の給与減、フルタイムカウントに関して、やむなき理由があれば、その箇所にサインすることで、証明することになります。Sフォームのほうは、もしPPPのローンの金額が5万㌦以下であれば、25%以上の給与カット、フルタイムの数の制限はありませんが、PPPを規定通りに使用しなければならないということは基本的に一緒です。

そしてEZとSの違いはEZは計算の部分がついいますが、Sは計算の必要はなく、それぞれの規定に従っているかということをイニシャルすることで、証明のみする形になっています。

詳しくは動画にあげましたので、こちらをご覧ください。もしご質問ございましたら、EMAILでいただければ、Q and Aで、ブログにあげてお答えしたいと思っております。

尚、動画で申し上げておりますワークシート、FORM3508、日本語訳はフォームダウンロードのところにございますので、ご覧ください。

動画は下記リンクからご覧いただくこともできますし、ウェブのYOUTUBEのところからもご覧いただけるようになっております。


https://youtu.be/HmN3EZn2Kcw

117回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

PPP FORGIVENESS APPLICATION CPB version

For those who need to apply PPP Forgiveness through CPB, please see this and follow instruction. Please find email from CPB title Apply for PPP loan forgiveness. PPP forgiveness application must be do

もうそろそろPPPの恩赦まだの方はやってみましょう!

PPPの金額が15万㌦まで増やされたので、殆どの小規模のビジネスの方はF3508Sの簡単なほうのフォームを使うことができます。 3508Sの要な情報は ローンを受けた時にいた従業員の数 PPPのうちいくらをPAYROLLで使ったか。お給料として60%を使用するというルールは一緒です。 ローンの合計金額 法律に従ってPPPを使用したという宣誓書 第一回目のPPPの申請者は特に追加書類必要なし 第2回

飲食店活性化財政支援プログラム 5/3 スタート

もらえる金額は2019年と2020年の総収入から1回目、2回目のPPPを除いた差額を申請することができます。 詳しくは申請用紙をよくご覧ください。 下記、間違いやすい点をいくつか列挙いたします。 申請用紙 #7は、フランチャイズや、支店がない限りは NO #8は、上記の質問に従ってそのフランチャイズなどの規定で運営しているかということですからNO ご準備していただく書類ですが、申請用紙のほかにFO