SBA Q46 が追加されました!皆さんの不安が少し解消されますよ!

皆さん、先日ご連絡いたしましたアップデートで、SBAがPPPを申請時における手元資金の有無、PPP以外の資金調達の可能性があるかPPPの申請は絶対的に必要であったのかどうかをすべてのビジネスに再確認するように、そして、PPPを受理に関して受給資格として該当しない場合は、5月14日までに返却するようにという条件を加えたことで、多くの中小企業に不安を与えました。

昨日5/13で新たに追加されたその条件は2ミリオン以上のファンドを得た会社のみということに限定され、それでも該当しないので返却したいという会社があれば、その返却日は5/18に延長されることになりました。

以下英語の抜粋をのせます。



Q46. How will SBA review borrower's required good faith certification concerning the necessity of their loan request?


Answer:.......Any borrower that received PPP loans with original principal amount exceed 2 mil will be deemed to have made the required certification concerning the necessity of the loan request in good faith.




ということでとりあえず、私たちのような小企業はその証明は免除となりました。しかしながら、引き続き恩赦になるための書類はきちっと揃えることなど最初に決められた要綱はきちんと守りつつやっていただきたいと思います。











38回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

PPP FORGIVENESS APPLICATION CPB version

For those who need to apply PPP Forgiveness through CPB, please see this and follow instruction. Please find email from CPB title Apply for PPP loan forgiveness. PPP forgiveness application must be do

もうそろそろPPPの恩赦まだの方はやってみましょう!

PPPの金額が15万㌦まで増やされたので、殆どの小規模のビジネスの方はF3508Sの簡単なほうのフォームを使うことができます。 3508Sの要な情報は ローンを受けた時にいた従業員の数 PPPのうちいくらをPAYROLLで使ったか。お給料として60%を使用するというルールは一緒です。 ローンの合計金額 法律に従ってPPPを使用したという宣誓書 第一回目のPPPの申請者は特に追加書類必要なし 第2回

飲食店活性化財政支援プログラム 5/3 スタート

もらえる金額は2019年と2020年の総収入から1回目、2回目のPPPを除いた差額を申請することができます。 詳しくは申請用紙をよくご覧ください。 下記、間違いやすい点をいくつか列挙いたします。 申請用紙 #7は、フランチャイズや、支店がない限りは NO #8は、上記の質問に従ってそのフランチャイズなどの規定で運営しているかということですからNO ご準備していただく書類ですが、申請用紙のほかにFO