SBA Q46 が追加されました!皆さんの不安が少し解消されますよ!

皆さん、先日ご連絡いたしましたアップデートで、SBAがPPPを申請時における手元資金の有無、PPP以外の資金調達の可能性があるかPPPの申請は絶対的に必要であったのかどうかをすべてのビジネスに再確認するように、そして、PPPを受理に関して受給資格として該当しない場合は、5月14日までに返却するようにという条件を加えたことで、多くの中小企業に不安を与えました。

昨日5/13で新たに追加されたその条件は2ミリオン以上のファンドを得た会社のみということに限定され、それでも該当しないので返却したいという会社があれば、その返却日は5/18に延長されることになりました。

以下英語の抜粋をのせます。



Q46. How will SBA review borrower's required good faith certification concerning the necessity of their loan request?


Answer:.......Any borrower that received PPP loans with original principal amount exceed 2 mil will be deemed to have made the required certification concerning the necessity of the loan request in good faith.




ということでとりあえず、私たちのような小企業はその証明は免除となりました。しかしながら、引き続き恩赦になるための書類はきちっと揃えることなど最初に決められた要綱はきちんと守りつつやっていただきたいと思います。











閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示

そーらクレジットに関して簡単に要約します。 2022 年にクレジットが必要な場合は、2022 年にソーラー システムの設置を開始する必要があります。 連邦税額控除は、ソーラー パネルの設置費用の 30% であり、納税義務を軽減します。使い切れない場合は、2023 年まで繰り越して税金を相殺することができます。 ハワイ州の税額控除は 35% で最大 5000 ドル 太陽光発電システムは、主たる住居ま

Here is my summary for Solar tax credit Solar system installation has to be place in service in 2022 if you want credit in 2022 Federal tax credit is 30% of the cost of installing solar panels, which

突然ハワイ州から還付があった方は、このact 115だと思いますので、google翻訳してみましたので、ご覧ください。 1.Act 115 払い戻しとは何ですか? Act 115、Session Laws of Hawaii 2022 (Act 115) は、2022 年 12 月 31 日までに 2021 課税年度の個人所得税申告書を提出した各適格居住納税者に 1 回限りの憲法上の払い戻しを提供