Social Securityを減らされないためには?

早いもので2022年も2月となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

本日は面白い記事を紹介したいと思います。


タイトルは "How Much Can I Earn Without Losing My Social Security?"、ご高齢の方、障害をお持ちの方に政府より支払われているSocial Security(以下SS)は、年齢と所得によって減額もしくは取り消しになる可能性があります。それを避け、もらうべきSSをもらうために、どの程度所得を抑えればよいかという手引です。

Google翻訳はこの記事の最後に掲載していますので、ぜひお目通しください。

https://www.fool.com/investing/2019/10/25/how-much-can-earn-without-losing-social-security.aspx


簡単に要約いたしますと、


・SSは、完全退職年齢(FRA)を超えると早期申告による減額なしで請求する資格が発生します。

 言い換えると、FRA以前にSSのクレームを始めた場合、ペナルティが発生し、SSから減額されての給付となります。

・生まれ年によってFRAは異なります。おおむね66歳程度ですが、ご自身がいつFRAに達するかは、必ずリンク先の表をご参照ください。


・SSは62歳(1943年以前に生まれた方は66歳)になればクレームすることができます。

 ただし、そこからFRAに達するまでにほかの所得がある場合、所得上限を超えた部分2ドルに対し1ドルの割合でSSが減額されます。

・働いている間にFRAを迎えた場合もSSが減額されますが、所得上限を超えた部分3ドルにたいし1ドルの割合でSSが減額されます。

・FRA以降に働いている場合、所得上限はありません。いくら稼いでもSSが減額されることはありません。


・SSを減額させないための所得上限は毎年変更になります。


・病気やけがなどにより働けなくなった場合にもらえるSocial Security Disability Insuranceは、原則として復職可能になると受給資格が停止しますが、一定の条件下では復職後もしばらく受給することができます。


 





Google翻訳より


社会保障は、退職者や障害者にとって非常に重要な収入源です。 給付金を受け取っている場合、最後に必要なのは、社会保障局(SSA)から送金されているお金を危険にさらすことです。


残念ながら、場合によっては、給付金を受け取りながら作業すると、毎月の小切手に影響を与える可能性があります。 あなたが障害を持っている場合、あまりにも多くのお金を稼ぐことはあなたが完全に資格を失う原因となる可能性があります。 退職金を受け取っている場合、収入が一定のレベルを超えると、小切手の一部が差し控えられる可能性があります。 ただし、これは年齢によって異なります。十分な長さの生活を送っていれば、ほとんどの場合、最終的に源泉徴収された資金を取り戻すことができます。


社会保障があなたに送る収入を危険にさらすことなく給料を稼ぐことができるかどうかをよりよく理解するのを助けるために、あなたがあなたの利益を失うことなくあなたがどれだけ稼ぐことができるかについてこのガイドをチェックしてください。


【社会保障の退職給付を失うことなく、いくら稼ぐことができますか?】

社会保障の退職給付に対する仕事の影響は、完全退職年齢(FRA)に達したかどうかによって異なります。


FRAは、早期申告による減額なしで完全な退職給付を請求する資格がある年齢です。 下のグラフが示すように、FRAは生年によって異なります。 すでに到達している場合は、福利厚生に影響を与えることなく、好きなだけ仕事をすることができます。 あなたがそれを下回っている場合、あなたはいくつかの仕事をすることができます、しかしあなたがあまりに多くを稼ぐならばあなたの利益チェックのいくつかは差し控えられるかもしれません。


【FRAに到達する前に何年も働いている】

社会保障が62であると主張できる最も早い時期ですが、1943年以降に生まれた場合、FRAに到達する最も早い時期は66です。これは、4〜5年前まで、社会保障の給付を受けることができることを意味します。あなたはFRAに当たる年に達します。これらの年のいずれにおいても、あなたの給付は、設定された所得制限を超えて稼いだ2ドルごとに1ドルずつ減らされます。


給付に影響を与えずに稼ぐことができる金額は毎年変わります。 2019年の上限は、17,640ドルです。これは、2019年にFRAに到達しないが、今年中に社会保障給付を同時に受けている場合に適用される制限です。


--略--


【あなたがFRAに当たった年に働いています】

勤務中にFRAに達した場合でも、完全な定年に達する前に所得制限を超えた場合でも、社会保障給付の一部を差し控えることができます。


再び所得制限がありますが、それははるかに高いです。また、制限を超える2ドルごとではなく、制限を超える3ドルごとに1ドルの給付が差し引かれます。


--略--


【給付の一部が差し控えられた場合はどうなりますか?】

SSAは、年間を通じて毎月の小切手を小さくすることによる給付の減少を考慮していません。代わりに、SSAは、その年の全額が差し引かれるまで小切手を送信しません。 SSAがこれを行うには、事前に予測収益を報告する必要があります。


--略--


【源泉徴収されたお金はいつ返還されますか?】

あなたがFRAの前に働いたのであなたの利益から差し控えられたお金は永遠に消えません。十分に長生きすれば、最終的には元に戻すことができます。


社会保障給付の一部が源泉徴収された場合、SSAはそれらの月のクレジットを提供し、FRAに達すると、新しいより高い月額給付を再計算します。これがどのように機能するかを次に示します。


FRAの前に給付金を請求すると、FRAの前に提出した最初の36か月ごとに、月額1%の5/9の早期提出ペナルティが課せられます。また、FRAの前に給付金を請求する36か月前の追加の月ごとに、1%の早期申告ペナルティの5/12が追加で適用されます。

このペナルティは、標準である一次保険金額を減らすために適用されます。


--略--


働くことは時々あなたの利益を上げるかもしれません

考慮すべきもう1つの注意点があります。あなたの社会保障給付はあなたの最高35年の収入に基づいていることを忘れないでください。社会保障給付の受給を開始してから働き、給与が以前の収入よりも高い場合は、低収入の年を高収入の年に置き換えることができます。これはあなたが受ける資格のある利益を上げる可能性があります。


同様に、社会保障給付を請求する前に35年未満働いていた場合は、より長く働くことで一次保険の金額を増やすこともできます。 35年間完全に働いていない場合、SSAは、毎月の福利厚生を決定する際に0ドルの年数を考慮に入れます。社会保障の退職小切手を受け取り始めた後でも働くことによって、これらの0ドルの賃金年のいくつかを排除することができます。


あなたの職歴が社会保障給付にどのように影響するかについてのこのガイドは、あなたがこれがあなたに当てはまるかどうかを知ることができるように、働くことがあなたの月収をどのように増やすことができるかについてのより多くの洞察を提供します。


【社会保障障害保険(SSDI)の給付を失うことなく、いくら稼ぐことができますか?】

社会保障障害保険は、障害によって仕事ができなくなる前に十分な労働クレジットを獲得するのに十分な期間働いた場合に資格を得ることができる給付金です。 SSDIのメリットと適格性について詳しくは、ガイドをご覧ください。ただし、ここで知っておくべき重要なことは、かなりの資産があり、世帯収入が高い場合でも、SSDIのメリットを享受できることです。


ただし、SSDIは、病気やけがをして仕事ができない人を支援することを目的としているため、(投資や家族からの贈り物などの他のソースからではなく)仕事を通じて収入を得ることができるようになると、給付が停止する可能性があります。


ただし、SSDIは、従業員に復帰することを奨励したいと考えています。そのため、収入を得始めても、毎月の福利厚生はすぐには影響を受けません。代わりに、試用期間中も完全なSSDIチェックを引き続き受け取る機会があります。これがどのように機能するかを次に示します。


SSDIの完全なメリットを享受しながら、60か月の期間内で累積9か月まで働くことができます。仕事からの収入または純自営業の利益が特定のしきい値(2019年には880ドル)を超えた場合、または自分のビジネスで1か月あたり80時間以上働いた場合、1か月は9労働月の1つとしてカウントされます。所得基準をクリアしたかどうかを判断する際に、障害者の仕事に関連する事業費と特定の費用を差し引くことができます。

60か月のローリング期間で9か月間働いた後は、実質的な収入がない次の36か月間、どの月でもSSDIの完全な給付を継続して受けることができます。実質的な収入は、2019年に$ 1,220(または盲目の場合は$ 2,040)である設定収入を超える収入としても定義されます。

SSDI給付を受けながら働いている場合は、5年以内に迅速な復職給付を受ける資格もあります。状態が悪化し、仕事や自営業から収入を得ることができなくなった場合、迅速な復職により、完全で時間のかかる障害申請プロセスを再度完了することなく、SSDI給付の再開を要求できます。


【補足セキュリティ収入(SSI)のメリットを失うことなく、いくら稼ぐことができますか?】

補足セキュリティ収入(SSI)は、障害者だけでなく65歳以上の高齢者にも給付を提供します。


SSIは、SSDIとは異なり、福利厚生プログラムではありません。

閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

https://www.irs.gov/newsroom/eitc-awareness-day-important-changes-mean-more-people-qualify-for-credit-that-helps-millions-of-americans IRS-2022-20, January 28, 2022 WASHINGTON – More people without ch

みなさま、こんにちは! いよいよタックスリターンのシーズンとなりました。 昨年末に年始年末のご挨拶とともにチェックリストを送らせていただいていますので、関連書類と一緒に必ずご提出ください。 今年はコロナ関係の給付金、新しい寄付控除のルール(過去のブログをご参照ください)などもありましたので、ご自身・配偶者の方・お子様・扶養に入っている方の分も漏れのないよう、今一度ご確認ください。 さて、本日は1月

I found very good article regarding social security. The full article is from link here. https://www.fool.com/investing/2019/10/25/how-much-can-earn-without-losing-social-security.aspx How much can y