top of page

Corporate Transparency Act (CTA)

Corporate Transparency Act(CTA)は、国防権限法の一環として議会によって可決された法律で、国家安全保障を強化し、資金洗浄やテロ資金供与などの違法活動を防ぐことを目的としています。2024年以前に設立した法人は、2025年の一月まで、2024年一月以降設立した会社は30日以内に報告義務が生じます。FBARようなレポートで、ほとんどすべてのアメリカで設立した法人にレポーティング義務が生じます。未申告や虚偽申請には

大きなペナルティが生じますので、注意が必要です。

以下英語のページの翻訳になります。


Corporate Transparency Act(企業透明性法)は誰に影響を及ぼしますか?

最近のSmall Business Administration(中小企業庁)の報告によると、27,104,006の中小企業が「非雇用者企業」とされ、従業員を持っていないとされています。Corporate Transparency Act(企業透明性法)は、有益所有権情報(BOI)の報告を通じて事業活動の透明性を向上させることを目的としており、特にこれらの小規模企業を対象としています。

誰が報告する必要がありますか?

報告会社は国内または外国のいずれかとして識別されます:

国内報告会社は、法的な文書の提出によって州またはインディアン部族の法に基づき設立された法人、LLP(有限責任事業組合)、または他のエンティティです。 外国報告会社は、外国法に基づいて設立され、文書の提出により任意の州または部族管轄区で事業を行うために登録された法人、LLC(有限責任会社)、または他のエンティティです。単独経営の個人事業主で単一メンバーLLCを使用しない場合、報告会社とは見なされません。 報告会社には通常、以下が含まれます:

有限責任事業組合 有限責任有限責任事業組合 ビジネストラスト 多くの場合、エンティティが州の事務局または類似の機関への提出によって設立される有限責任事業組合。 除外対象には、証券発行者、国内の政府機関、銀行、および上記のカテゴリに該当しない多くのエンティティが含まれます。

有益所有者 有益所有者は、直接または間接的に、次のいずれかに該当する個人のいずれかと定義されます:

報告会社に対して実質的な統制を行う者、または 報告会社の所有権利益の少なくとも25%を所有または統制する者。 2つのカテゴリーを持つことは、すべての所有者が特定されるようにするための抜け穴を閉じるために設計されています。重要な違いは、有益所有権が資本と利益の権益を通じて反映される所有権権益を持つ者としてカテゴリー分けされることです。

有益所有者は、自身の名前、生年月日、住所、および認識された発行管轄機関からの一意の識別子番号、およびその文書の写真をFinCENに報告する必要があります。個人が情報を直接FinCENに提出することを選択した場合、BOI報告書に必要な情報の代わりに「FinCEN識別子」が発行される場合があります。

会社申請者 会社申請者は、次の者のみです:

エンティティを作成する文書を直接提出する個人、または最初にエンティティを米国で事業を行うために登録する文書を提出する個人。 他の者による関連文書の提出を主導または統制する責任を主に負う個人。

Corporate Transparency Act(企業透明性法)の報告期限はいつですか?

Corporate Transparency Act(企業透明性法)は2024年1月1日に発効します。有効日に存在する報告会社は、初回の報告書を1年以内に提出する必要があります。

有効日の後に設立された報告会社は、設立または登録の通知を受けてから30日間を持って提出する必要があります。ただし、FinCENは、2024年に設立または登録されたエンティティの初回提出期限を30日から90日に延長することを提案しています。

報告書は、有益所有権に変更があった場合(たとえば、事業の売却、合併、買収、または死亡によるもの)、または以前に提出された情報が不正確であることが判明した場合、または判明した理由がある場合、30日以内に更新する必要があります。

違反に対する罰則:CTA(企業透明性法)の遵守を怠るか、不正確な情報を提供することは罰則を引き起こす可能性があります。報告違反の責任者は、最大で1日あたり500ドル、最大で10,000ドルまでの罰金と、最大で2年の懲役刑に直面する可能性があります。




閲覧数:75回0件のコメント

最新記事

すべて表示

アメリカのホテル向けパン卸売り事業の素晴らしいチャンス!

当社のお客様で成功したホテル向けパン卸売り事業をご売却することを検討されている方がいらっしゃいます。ビジネスの投資をお考えの方に、素晴らしい機会だと思いますので、ブログを通じてお知らせいたします。 このホテル向けパン卸売り事業への投資の利点は、 1. ホテル業界との確かなつながり:このビジネスは、多くのホテルと堅固なパートナーシップを築いています。ホテル業界における優れた知名度と信頼性を持ち、投資

댓글


記事: Blog2_Post
bottom of page