top of page

ハワイ州のがっかりしたニュース!

失業保険所得はハワイ州では課税対象になるというニュースを聞いて、私は非常に失望しています。ご存知のように、連邦税では失業保険所得の最初の10200ドルの収入は連邦では課税対象からはずされ、昨日ついに最後にソフトウェア会社が更新されました。これは朗報です。ハワイ州も連邦のほうの法律に従うか、もしくは雇用保険自体が課税対象から外されるかもということを期待して待っていましたが、もしかするとそれは全くなくなりそうです。所得を除外せずに以前に申請した人は、申告書を修正する必要はありません。IRSは、非課税分の失業所得を再計算した後、所得を調整して返金します。

ハワイ州については、連邦政府と同じようにを申請した人をどのように扱うかはまだ未定になります。ハワイ州の最終的なアナウンスを待ちましょう。

以下はニュースです-(グーグル翻訳です)

ホノルル(KHON2)—コロナウイルスのパンデミックの際に対処するために連邦政府の救済を受けた場合は、連邦準備制度ではなく州から多額の税金を請求する準備をしてください。当局は、それがすべて合計で約4億5000万ドルの税金になると述べた。常に調査することは、これがハワイの企業と個人に与える影響を説明します。ハワイの最新ニュースを受信トレイに送信するには、ここをクリックして、毎日のニュースレターであるNews 2Youを購読してください。最近の連邦COVID-19救済法は、失業手当の一部を連邦税から免除し、Paycheck ProtectionProgramのライフラインを必要とする企業が費用を控除することも許可しました。しかし、州はこれらの数字を考慮に入れていない予算を通過したばかりであり、当局はKHONに連邦規則を反映する可能性は非常に低いと述べています。州の納税者は今週、連邦政府が許可しているようなファイルの拡張子がないことを知りました。ハワイの税金はわずか数週間で支払われるため、個人、企業、税務申告者は、膨大な重要な詳細がまだ空中に浮かんでいます。「私たちは連邦規則が何であるかをある程度知っています」とハワイ税務財団のトム・ヤマチカは言いました。「現在、州議会で検討されているため、州の規則が何であるかはわかりません。」まだ保留中の2つの高額商品は、失業者に1億9000万ドル以上の州税を課す可能性があります。そして、連邦救済助成金を必要とした企業?彼らはおそらく州税で2億5000万ドル以上のフックにかかっています。どうして?州は、IRSが許可している特定の免税と控除を「準拠」、つまり「ミラーリング」することを計画しておらず、失業手当の免除に関する州の独立法案がこのセッションで運命づけられているようです。「連邦政府にはお金を印刷する権利がありますが、州にはありません。予算のバランスを取る必要があります」とハワイ税務局長のアイザック・チョイは述べています。「したがって、UIの非課税や、PPPの控除のような税制上の優遇措置を与えるたびに、お金はどこかから来なければなりません。」どこかで個人や企業は今や自分のポケットを調べなければならず、セッションのために彼らに休憩を与える可能性のある主要な法律があります。「現在、私たちが従わない、または連邦政府が住民に与えたのと同じタイプの救済に従わないと想定するのは安全です」と、ハウスファイナンス委員会のシルビアルーク議員(D)は述べました。最新の連邦救済パッケージの条項により、全国の議会は、地方税の控除をこれ以上通過することをさらに恥ずかしがり屋にしています。「既存の州税法を変更して減税することはできません。少なくとも、この連邦資金で減税を相殺することはできません」と、米国のエド・ケース議員(D)ハワイは述べています。「私たちの目的は、州や地方自治体に支払われたお金が、特定のプログラムで実際にコミュニティに送られるようにすることでした。COVID-19以前に存在していた減税や赤字の返済のためだけに使用されることは望んでいませんでした。」企業の大幅な引き上げを食い止めた失業保険料率修正法案は、最新の連邦法の前の時間のニックネームで署名されました。「3月2日に法制化された」と山近氏は語った。だから私たちはそれを私たちのちっぽけなあごあごの髪の毛でかわしました。」すべての救済金が失業と同じ課税運命を満たしているわけではなく、PPP控除は運命づけられているように見えます。「助成金やある種の家賃の救済、またはそのようなものを受け取った場合、人々が受け取ったそのような種類の補助金は州に課税されません」とチョイは言いました。「しかし、失業のように、伝統的に州に課税されるものは、引き続き課税されるでしょう。」PPPに関しては、助成金自体は非課税です。それは、連邦政府と州が分岐している場合に、企業が助成金の対象となる費用も差し引くことができるかどうかです。支出の控除可能性の批評家は、それが一種の二重の落ち込みであると指摘しています。「あなたはお金を非課税にし、それを使い、そしてあなたは再び控除を受けたいと思う」と山地香は言った。「いいえ、そのようには機能しません。」これを除いて、連邦レベルでのみ。州が追随するために息を止めないでください。「私たちは人々に言ってきました、ねえ、あなたが知っている、私たちは従うつもりはない、私たちは従うつもりはない、私たちは従うつもりはない」とチョイは言った。「私はここで死神になりたくありませんが、そこには十分な手がかりがあったので、人々はこれに税金の影響があることを知っていたはずです。驚くべきことではありませんでした。」

閲覧数:124回0件のコメント

最新記事

すべて表示

そーらクレジットに関して簡単に要約します。 2022 年にクレジットが必要な場合は、2022 年にソーラー システムの設置を開始する必要があります。 連邦税額控除は、ソーラー パネルの設置費用の 30% であり、納税義務を軽減します。使い切れない場合は、2023 年まで繰り越して税金を相殺することができます。 ハワイ州の税額控除は 35% で最大 5000 ドル 太陽光発電システムは、主たる住居ま

Here is my summary for Solar tax credit Solar system installation has to be place in service in 2022 if you want credit in 2022 Federal tax credit is 30% of the cost of installing solar panels, which

突然ハワイ州から還付があった方は、このact 115だと思いますので、google翻訳してみましたので、ご覧ください。 1.Act 115 払い戻しとは何ですか? Act 115、Session Laws of Hawaii 2022 (Act 115) は、2022 年 12 月 31 日までに 2021 課税年度の個人所得税申告書を提出した各適格居住納税者に 1 回限りの憲法上の払い戻しを提供

記事: Blog2_Post
bottom of page