top of page

Form 3508S 5万ドル以下のPPPローン恩赦申請

SBAからFORM 3508S、5万㌦以下のPPPローンの恩赦申請用紙がでました。

CPBでのオンラインではまだあと3週間ほどかかるそうです。

かなり簡素化されたのはとてもいいニュースではありますが、内容を読むと一応ローンは

規定通りにお給料、レント、光熱費などに使われているかどうかを確認チェックする箇所がありますので、一応、計算、レシートなどはきちんと取っておくことをお勧めいたします。


ppp-loan-forgiveness-application-form-35
.
Download • 398KB

英語版のフォームの質問の箇所をグーグル翻訳します。


借入人の正式な代表者は、それぞれの横にイニシャルを付けることにより、以下のすべてを証明します。

_____恩赦の金額は、PPPローンの元本を超えず、次の要綱を満たす必要があります。

  ●  恩赦対象となる費用の支払いに使用(従業員を維持するための給与費用、事業用不動産ローンの利息の支払い、事業の賃貸料またはリースの支払い。またはビジネスユーティリティの支払い);

  ● 許し額の少なくとも60%に相当する給与コストが含まれます。

  ●24週間の対象期間が適用される場合、オーナー従業員または自営業の個人/ゼネラルパートナーに対する2019年の報酬の2.5か月分を超えず、1人あたり20,833ドルを上限とします。

  ●借入人が8週間の対象期間を選択した場合、オーナー従業員または自営業の個人/ゼネラルパートナーに対する2019年の報酬の8週間分を超えず、1人あたり15,385ドルを上限とします。

_____資金が故意に不正な目的で使用された場合、連邦政府が融資額および/または民事または刑事詐欺の罪の回収を追求する可能性があることを理解しています。

_____借入人は、借入人が許しを要求している適格な給与および非給与コストの支払いを正確に検証し、要求された許しの金額を正確に計算しました。

_____ 2020年2月15日より前に、給与費用、義務とサービスの存在(該当する場合)、適格な事業用不動産ローンの利息の支払い、事業の賃貸料またはリースの支払い、および事業用不動産の支払いを確認するために必要な書類を貸し手に提出しました。

_____このアプリケーションで提供される情報、およびすべてのサポートドキュメントとフォームで提供される情報は、すべての重要な点で真実かつ正確です。私は、SBA保証ローンの許しを得るために故意に虚偽の陳述を行うことは、5年以下の懲役および/または最高250,000ドルの罰金により、18 USC1001および3571を含む法律の下で罰せられることを理解しています。 2年以下の懲役および/または5,000ドル以下の罰金による15USC645未満。また、連邦保険機関に提出された場合、18 USC 1014に基づき、30年以下の懲役および/または1,000,000ドル以下の罰金が科せられます。

_____私が貸し手に提出した税務書類は、借り手がIRSおよび/または州の税務または労働力機関に提出した/提出する予定の書類と一致しています。私はまた、PPP要件とすべてのSBAレビューの遵守を確保する目的で、貸し手がSBA検査総局の正式な代表者を含む、SBAの正式な代表者と税務情報を共有できることを理解し、認め、同意します。

_____私は、SBAがPPPローンおよびローンの免除に対する借入人の適格性を評価する目的で追加情報を要求する場合があり、借入人がSBAによって要求された情報を提供しなかった場合、借入人がその決定につながる可能性があることを理解、承認、および同意します。 PPPローンまたは借入人のローン免除申請の拒否には不適格でした。借入人のローン免除の適格性は、この申請日までにSBAによって発行されたPPP規制およびガイダンスに従って評価されます。 SBAは、借り手がPPPローンの対象外であるとSBAが判断した場合、借り手のローン免除申請を不承認にするよう貸し手に指示することができます。

閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Corporate Transparency Act (CTA)

Corporate Transparency Act(CTA)は、国防権限法の一環として議会によって可決された法律で、国家安全保障を強化し、資金洗浄やテロ資金供与などの違法活動を防ぐことを目的としています。2024年以前に設立した法人は、2025年の一月まで、2024年一月以降設立した会社は30日以内に報告義務が生じます。FBARようなレポートで、ほとんどすべてのアメリカで設立した法人にレポーティ

記事: Blog2_Post
bottom of page